本文

Aki.2093・本文

05-006「深淵なるもの」

←previous episode > gsl.combat(*doll)  不思議な世界だな、ここは。  アキは違和感しかない感覚に戸惑っていた。触覚も嗅覚も使えない。視覚と聴覚のみが生きている。だから、咲き乱れる花の...
Aki.2093・本文

05-005「アサクラの望み」

←previous episode > aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa_  全GSLの撃破を確認――アサクラはカタギリからの報告を受けて、何度か頷いた。 「残るはアレだけか」『深淵なるもの――』 ...
Aki.2093・本文

05-004「溜息をつく」

←previous episode > _  そこからもスムーズにGSL殲滅戦は続き、アキたちはさしたる被害もなく順調にGSLたちを撃破していっていた。ヒトデも内臓人間も、撃破にはさほど手間取らなかった。もっとも、立ち並...
Aki.2093・本文

05-003「八体のGSL」

←previous episode > openLogicalDomain(GSLs, friends)  アキとミキは同時に目を細めた。瞳孔が音を立てて小さくなり、虹彩の縁がカタカタと回る。 「なんだここ」「んー...
Aki.2093・本文

05-002「シルス・マリアにて思索せん」

←previous episode > op = "Sils Maria" > Operation oprt = new Operation(op)  そんな|機械化人間《ワイスドール》たちを横目に見つつ、話はまと...
美味兎屋・本文

セイゼン眼球ケーブル 第参話

承前  乱雑な室内が、赤色灯の揺らめきに彩られる。  こんなはずはない。私がいない。  私は傍らの《《肉》》の両肩をつかみ、私に正対させた。潔く開いていた頭半分を、かぱりと乱暴に閉める。昔ながらのタワシの|如《ごと》きボ...
Aki.2093・本文

05-001「鍵」

←previous episode > Key k = new key() > pass.suppose(key)  北海道といえば、すなわち、魔境である。今となってはなんぴとたりとも立ち入ることの叶わないと言われ...
Aki.2093・本文

04-009「彼らの目指す先」

←previous episode # sys.stdout.write("44GV44GB44CB57SE5p2f44Gu5Zyw44G444GK44GE44Gn44Gq44GV44GE44CC") # sys.stdout.fl...
美味兎屋・本文

セイゼン眼球ケーブル 第弐話

承前  男に導かれた先はだだっ広い空間だった。一般的には|居間《リビング》というのだろうが、それにしては異様なほどに広かった。外観からは想像もつかない。例えて言うなら、民家だと思って入ったのに、床面積はヴェルサイユ宮殿――というのは...
美味兎屋・本文

セイゼン眼球ケーブル 第壱話

 頭がクラクラする。意識が朦朧として、まるで湿った|蒟蒻《こんにゃく》の上を歩いているようだ。着ているものは|草臥《くたび》れて、靴もいいだけ擦り切れていた。古びただけならまだ貫禄があるとも言えようが、冷静に我が身を振り返ってみれば、羽織...
タイトルとURLをコピーしました