腰痛剣士と肩凝り魔女

腰痛剣士と肩凝り魔女

「腰痛剣士と肩凝り魔女」、コソコソ話(というか【あとがき】とか後日談とか)

「腰痛剣士と肩凝り魔女」いかがだったでしょうか。お読みいただきアリガトウゴザイマス。お読み! いただき! ありがとうございます! 読んだ? 読んだよね? ありがとうございます。 というわけで、今までほとんど書かなかった「あとがき」な...
腰痛剣士と肩凝り魔女・本文

#99-02: 降りてきた天使

←previous  俺たちは誰ひとり戻ってこなかった。城からは誰も出てこなかった。一室が派手に燃えていたから、おそらく相打ちになったのだろう。  王国騎士たちはそういうシナリオを描いていた。結局の所、教会の尻尾を掴むには至ら...
腰痛剣士と肩凝り魔女・本文

#99-01: 対価と願掛け

←previous  外に出た俺たちを待っていたのは、六人の王国騎士と、御者と、馬車だった。王国騎士たちの鎧はそれぞれ傷つき、マントもずたずたになっていたが、それでも誰一人欠けることなく俺たちを待っていた。 「ただいま」 ...
腰痛剣士と肩凝り魔女・本文

#08-05: 最終決戦

←previous  俺はタナさんと手を重ね、身体を支え合いながら、一歩また一歩とエリザと悪魔に近付いていく。強烈な力場、圧倒的な奔流。津波のようなそれに溺れながら、俺たちは進む。悪魔が大きい。エリザの発する圧力も痛いほど。 ...
腰痛剣士と肩凝り魔女・本文

#08-04: ガルンシュバーグ

←previous  老人は白い炎を上げて燃えた。  |哄笑《こうしょう》を|遺《のこ》して、その身体は瞬く間に灰になる。タナさんはガルンシュバーグを抜きかける。だが、それをリヴィが止めた。 「ママ、こいつはエリザとはち...
腰痛剣士と肩凝り魔女・本文

#08-03: カルヴィン伯爵の姿

←previous  火の精霊がいなければ、俺たちはこの真っ暗な城の中で途方に暮れていたかもしれない。念のためにランタンは持ってきていたが、それだけではこの圧力のある暗闇に心を|捻《ねじ》り折られていたかもしれない。 「ウ、ウ...
腰痛剣士と肩凝り魔女・本文

#08-02: 暗雲の生まれる場所

←previous  翌朝早く、俺たちは大袈裟な雨音で叩き起こされた。氷雨が幌をしつこく刺している。 「いやぁ、濡れますなぁ」  外套を|纏《まと》ったタガート隊長が、うんざりした口調で挨拶にやって来る。 「さすが...
腰痛剣士と肩凝り魔女・本文

#08-01: 地獄の入口

←previous  それ以降、特にこれといった襲撃もなく、俺たちは進んだ。小さな村を三つばかり通過したのだが、人影も人の気配も感じられなかった。皆、家の中で息を潜めているのか、あるいは――。  幸いにして食料や水の余裕はまだ...
腰痛剣士と肩凝り魔女・本文

#07-06: 恐怖と不安

←previous  それから一週間、俺たちはひたすら西に向かって進み続けた。幸いにして街道は整備されていて、馬車から伝わる振動も、まぁ、そこそこに良心的だった。タナさんの灸と湿布とマッサージの力で、腰痛もどうにかごまかせた。 ...
腰痛剣士と肩凝り魔女・本文

#07-05: エリザからの刺客

←previous  翌朝、未だ|朝靄《あさもや》が|烟《けぶ》る時分、俺たちはすでに馬車の人となっていた。 「パパ、ママ、眠そうやなぁ?」  ウェラが眠っているのを確認してから、リヴィがニヤニヤしながら言った。俺とタナ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました