短編

魔女のオラトリオ・短編

ある剣の追想 -07.ブルーオパール

「魔女のオラトリオ」関連短編――。 前話  あの後、私は首尾よく少年と再び出会うことができた。というより、そうでなければこの少年は助からなかっただろう。なに、少しだけ私の力を分け与えただけだ。彼が切り殺してきた兵士たちの生命の...
魔女のオラトリオ・短編

ある剣の追想 -06.少年

「魔女のオラトリオ」関連短編――。 前話  あの魔女がこの世界から消えてから、いったいい何年が|経《た》ったのか。とはいえ、私はそんなことには興味もなかったが、あれだけの被害を受けた王国は|未《いま》だ存続しているようだった。...
魔女のオラトリオ・短編

ある剣の追想 -05.女公爵

「魔女のオラトリオ」関連短編――。 前話  この魔女の少女は、女公爵エリザ・レヴァティンと名乗った。そして自分は至高の魔女なのだ、とも。彼女は私を手に入れてからというもの、連日連夜人を殺した。エリザの宮殿を訪れた旅人、メイド、...
魔女のオラトリオ・短編

ある剣の追想 -04.魔女の少女

「魔女のオラトリオ」関連短編――。 前話  いくつかの時代を経て、再び目を覚ました私は、|仄《ほの》暗い場所に安置されていた。さながら高貴な身分の者の遺体のように。私の意識が何かで遮断されている。……魔法か。そう察知するのにそ...
魔女のオラトリオ・短編

ある剣の追想 -03.異民族の王

「魔女のオラトリオ」関連短編――。 前話  次に私が目覚めたのは、その王国が滅び、次の王国も異民族に侵略されて滅んだ後だった。人の血生臭い営みが、私を目覚めさせるらしい。異民族の王は厳重に封印を施された私を見つけるなり、滅ぼし...
魔女のオラトリオ・短編

ある剣の追想 -02.貴族

「魔女のオラトリオ」関連短編――。 前話  鍛冶師の次に私を手にしたのは、王国の有力貴族だった。王国といっても、今の王国が成立するよりもずっと以前の話だ。当時は今からは想像もつかぬほどの戦乱の世、まさに群雄割拠の時代だった。そ...
魔女のオラトリオ・短編

ある剣の追想 -01.鍛冶師

「魔女のオラトリオ」関連短編――。  今となっては遠い昔。思い出そうとするだけでも|意識《め》が|眩《くら》む。それほどに遠い昔。  私はある鍛冶師によって生み出された。この世で最も硬い金属、|白銀鋼《しらがねはがね》と呼ばれ...
魔女のオラトリオ・短編

暗黒の魔女は、彼岸の色に染まる(1)

「魔女のオラトリオ」関連短編――。  ターニャはよく働いたし、よく学んだ。文字を覚えたばかりだというのに、暇さえあればマグダレーナが持っていた数々の書物――主に薬草学の類のものだが――を読み|耽《ふけ》った。 「ターニャ、そろ...
魔女のオラトリオ・短編

暗黒の魔女は、闇の彼方に希う

「魔女のオラトリオ」関連短編――。  ターニャ。あんたの名前は今日からターニャさ。  夢か|現《うつつ》か判然としないその声を感じて、ターニャは慌てて頭を振った。ターニャは顔や手に|痣《アザ》や切り傷の|痕《あと》がいくつもあ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました