腰痛剣士と肩凝り魔女 Introduction

腰痛剣士と肩凝り魔女

作品概要

いわゆる剣と魔法の異世界ファンタジー。ハイファンタジーです。

魔女狩り」というキーワードをもとにして、物語は進みます。一般的に「魔女」というのは抽象的な概念な世界ですが、実際に「魔女」は存在している世界です。「悪魔」が「人」にささやき、「人」がそれに耳を貸し、対価を支払うことで契約が成立し、晴れてその「人」は「魔女」になるのです。「魔女」といっても、性別は関係ないのです。このあたりの事情は、作中で語られます。

「魔女」はすなわち「悪魔と人の合わさったもの」です。

しかしその「魔女」たちには「魔女」にならなければならなかった事情というものがあり。利己的なものだったり、生き延びるためだったり、遺言を果たすためだったり……。

魔女たちには、単純な善悪二元論では到底論じ得ない、そういう背景があります。

この「腰痛剣士と肩凝り魔女」では、「悪魔」と手を結ばざるを得なかった「魔女」と、「悪魔」とは因縁浅からぬ関係にある「剣士」が、成り行きのままに手を取り合って旅路を行く物語です。

「人の心」にとっての真の敵とは何か。犯してしまった「罪」、すなわち「過去」とどう向き合うか。

そういうことを問いかけながら進んでいきます。

カクヨムアルファポリスノベルアッププラスなどでも掲載中。内容はほぼ一緒ですが、このサイトにあるのが最新版です(誤字脱字修正という意味で)

プリファレンス

 魔女狩りって、こんな辺境の地まで及んできたのか。

 腰痛に効く温泉があると聞いて、わざわざこの田舎町にやってきた俺は――まぁ、過去のことはいいか――しがない腰痛のおっさんだ。剣は持ってるが、もうしばらく抜いてもいない。馬にも乗れないんだぜ……。なぜか? 腰痛だからさ。

 ところが、だ。その温泉に入る前に、俺は「魔女狩り」に遭遇してしまう。まぁ、俺がよっこいしょっと頑張った結果、なんとかなるんだけど、いやぁ、危ない危ない(腰が)

 だがしかし、おかげさまで俺とその魔女とよばれた女は、真夜中に町から逃げ出す羽目に。ちなみにこの女ことタナさんは、「魔女を引退した」らしい。理由を訊けば「魔法は肩が凝る」からだそうで……。激しい腰痛持ちとしては、とても同情したいところだ。

 そんなことが縁で何となく歩いていた俺は、タナさんに「カルヴィン伯爵に会いに行くよ!」とか言われてしまって驚愕とした。だって、カルヴィン伯爵領といえば、直近の「魔女狩り」発祥の地だぜ?

 本当に俺たち、カルヴィン伯爵のところにいくのか? 行けるのか?

 俺たちは旅も早々に、ハーフエルフ幼女や、ドラゴンの末裔の娘と旅路を共にすることになる。そしてだんだんと見えてくる真の悪の姿。暗躍する魔女たち、ちらつく教会の影、悪魔の哄笑。そんな険しい旅に、俺はついていけるのか。腰がすごく心配だ。とにかく腰だ。腰が不安だ。

 ――剣を抜けない剣士(俺)と、魔法を使わない魔女(タナさん)の旅路は果たして……。

人物紹介

こちらに移動しました!

本文目次

前編

01: 辺境の温泉宿にて

02: 娘たち

03: 闇の気配

04: 敵

後編

05: 安全地帯

06: もう一つの敵

07: 旅は続き、そして。

08: 最後の旅路

99: エピローグ

あとがき(ネタバレあり)

「魔女のオラトリオ」に戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました